Z世代

Z世代とは

Z世代とは、一般的に1990年代中盤から2010年の間に生まれた人々のことを指します。

Z世代の他にも、X世代、Y世代などがありそれぞれの世代によって様々な特徴があるとされています。

最近ではZ世代の次の世代の「α世代」といわれる世代も登場しました。

Z世代の特徴

Z世代は生まれた時からインターネットが身近で、情報収集はインターネットを中心に行います。

特にスマートフォンで情報収集を行うことが普通であり、とにかくわからないことはスマートフォンで検索して自分で情報を取得する世代です。

デジタルネイティブとも言われる

Z世代は「デジタルネイティブ」世代ともいわれており、、日常的に使用することによりSNSが広く普及しています。

X世代、Y世代ではコミュニケーションの中心はメールでしたが、Z世代のコミュニケーションの中心はSNSのメッセージ機能であり気軽に関係を作っていくことができる世代です。

承認欲求が強い

Z世代は若くしてSNSが身近であり、かつSNSがメッセージ機能を持つなどして生活インフラの一部と化したことにより、他人のきらきらした情報などがおのずと入りやすくなった世代です。

そのため、自分もよく見られたい、よくなくても逆に弱みをさらしていこう、、様々な主旨で世の中から認められたいという欲求が強い世代です。

SNSを通して自己表現や社会問題に対しての自分の主張ができたりと情報発信能力に優れており、Z世代からは多くの「インフルエンサー」が登場しています。

高いコスパ意識

Z世代(デジタルネイティブ)は情報収集が得意な世代です。

店頭に置かれている商品をスマホで検索して、インターネット上の商品の方が安いならインターネットで購入するなど多種・多様な情報を比較検討軸に置き、最もパフォーマンスの良い購買行動をとります。

効率性(最適化)も重視する

Z世代は効率的で最適な時間の過ごし方を好みます。

旅行を例に挙げてみましょう。

自分の旅行先を事前にインターネット上でサーチして、効率的なルートや最も自分に合った(自分の趣味・嗜好にあった最適なもの)体験を選択してそのルートを回ります。

逆を言えば無駄なことを嫌う傾向があると言えます。

多様性を好む「自分らしさ」・「その人らしさ」

承認欲求が強いという特徴は前述しました。

Z世代は承認欲求もありますが、多くの人の主張や発信に触れ、多様な人々を受け入れられる側面があります。

前時代的な社会では声を上げにくかったLGBTQやセクシー女優などの性サービスの方々なども積極的に表にでてきており、それを歓迎する風潮を作っているのもZ世代が中心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 × two =