マーケティングとは?|顧客が価値を認める商品・サービスを届ける仕組み作り

マーケティングとは?

この記事は3分で理解してもらうために、シンプルかつ文字数を900文字程度でまとめます。

サクッと全体感を把握したい方へおすすめの記事です。

マーケティングという言葉は誰もが聞いたことのある言葉だと思います。

では、「マーケティングとは何?」と聞かれて、悩まずに答えられる人も実はそんなに多くないのではないでしょうか。

大丈夫です!私も答えられない1人でした。

合田さん
合田さん

SEO?MEO?広告?チラシ、、マーケティングと聞いたら手段ばかりが想起されてしまいますよね。

この記事はマーケティングを一言で表しますのでご安心ください。

マーケティングとは?

マーケティングとは?

マーケティングとは「顧客が価値を認める商品・サービスを届ける仕組み作り」です。

では、その仕組みの考え方を難しい言葉を使わずにシンプルに整理してみましょう。

顧客は誰?(顧客を理解する)

どこにいるのか?

どんなことをしている人?

どんな課題を持っている人なのか?

マーケティングの段階では顧客は誰になるのか、できるだけ明確な状態にすることが大事です。

商品は何?(何なら買うの?)

誰のどんな課題を解決するのか(機能や役割)

どんな特徴やストーリーがあるか(ハード・ソフトの両面)

使い始めた後の具体的なイメージ(生活の中への溶け込み方)

商品が先に決まるか、お客様が先に決まるかは置いといて、、

お客様に「共感してもらえる」商品にすることを考えないといけないですね。

※共感が大事な理由は別の記事で扱います

顧客への届け方は?(顧客に見つけてもらう・理解してもらう)

チラシ・WEB・ダイレクトメール・口コミ・紹介..?どんな手段で届けると効率的なのか?

お客様のパターンに合わせた、情報の届け方や販売の方法を設計しないといけないですね。

どんな場所なら買う?

配送・店舗での販売?

どんな内装で、どの場所ならいいのか?

ウェブサイトのデザインや説明は?

お客様はぶらっと来る?決まったものを買いに来る?

どういう目的で、その時はどんな感情でくるのか考えてみる必要があります

なぜ買う?(買えないのはなぜ?)

課題を解決したい?

夢や目標を達成したい?

興味や自分の欲を満たしたい?

お客様が納得・共感した上で最後に買ってもらうストーリーをいくつか作れるようにしましょう。

※ユーザーストーリーマッピングなど便利な整理の仕方の手法もありますね。こちらもどこかで取り上げようと思います。

まとめ

この記事ではマーケティングの概要を3分で理解してもらえるよう、難しいフレームワークや用語を使わずにポイントを整理しました。

これからマーケティングの仕事に従事する方や、自身のビジネスで実践される方などのお役に立てていると幸いです。

このサイトは引き続きマーケティングやプログラミングについて記事を投稿していきますので参考にしていただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


fifteen − 4 =