【SEOライティング】記事を見つけてもらうための基本技術

ホームページや運営するサイトのPV数がなかなか増えない。

SEOという言葉は聞くけど、実際どういうことをすればいいかわからない、、

そんな方はかなり多いのではないでしょうか。

サイトを見つけてもらうためには

「記事を見つけてもらう技術」

「記事を読んでもらう技術」

の2つが必要です。

良い文章や内容を用意しても、読んでもらえなければ意味がないですよね。

努力が無駄になるのは辛い。。

この記事はPV数が増えない課題を解決できるように「記事を見つけてもらう技術」=「SEOライティング」についてご紹介していきます。

そもそもSEOライティングとは?

SEO=「Search Engine Optimization」の略で、日本語訳すると「検索エンジン最適化」となります。

簡単に言うと、「Googleでウェブサイトを検索の上位に表示させること」です。

「香川県 マーケティング」で検索してみた結果

誰もが自分のサイトはたくさんの人に見てもらいたいですよね。

では内容に入る前にSEOライティングをを学ぶメリットを把握しましょう。

SEOライティングを学ぶメリット

ビジネスやウェブサイトを効率的にPRできる

  • たくさんの人にウェブサイトを見てもらえる
  • お金がかからない(無料)

SEOを成功させて、検索上位にサイトを表示させることができればたくさんの人に記事を見つけてもらえ自身のビジネスやウェブサイトを効率的かつ低コストにPRできます。

広告費をかけ無理にPV数を稼がなくても良いように、SEOで流入ができるように誰もがしたいはず。

WEBライターとしての価値が上がる

自分がライターの場合はWEBライターとしての価値が上がります。

クライアントのほとんどは記事を「検索上位に表示させたい」と考えています。

そのため、「なるべくSEOに理解のあるライターに記事を書いてほしい」はずです。

SEOライティングを身につけることでそんなクライアント選んでもらいやすいライターになれます。

ライターさんの場合は、SEOライティングできます!と主張するだけでなく自身のブログサイトを運用するなどして実績を作ってことも重要だね。

SEOライティングを学ぶデメリット

おそらくSEOライティングを学ぶデメリットはありません。

勉強にお金はかかりませんし、知識が自身のサイトのPVに直結します。

強いて言えば勉強している時間がかかるくらいでしょうか。

【SEOライティング】記事を見つけてもらうための基本5点

それではここからはSEOライティングの基本について紹介していきます。

記事を見つけてもらうためにはGoogle社が公表している重要な5点をおさえておくべきでしょう。

  • 検索クエリの意味
  • コンテンツ(記事)の関連性
  • コンテンツの質
  • ウェブサイトのユーザビリティ
  • コンテキストと設定

5点について直接確認したい方は下記のリンク先から内容をご確認ください。

検索クエリの意味

「検索クエリの意味」とは、検索者がそのキーワードを検索した理由や目的のことです。

ざっくりとしているのでもう少し掘り下げてみます。

どこかにいきたい時は「◯◯◯◯ 行き方」になるかもしれないし「〇〇〇〇 どこ」となるかもしれません。

何かを知りたいときは「◯◯◯◯ とは」になると思います。

最近は「Doクエリ」「Knowクエリ」「Goクエリ」「Buyクエリ」の4つに分類されますね

Googleはユーザーの検索クエリに対して関連性の高い結果を表示するために、ユーザーがどんな情報を探しているか、「検索クエリの背後にどんな意図があるか」を理解する必要があります。

ユーザに最も有益なコンテンツを表示するためにGoogleがどのように動作しているか3つの例ご紹介します。

「ノートパソコンの明るさを変える」

「ノートパソコンの明るさの調整」に関してや、明るさを調整するための画面への遷移の仕方の記事が表示されます。

「変える」=「調節」と解釈して、さらに調整するためにはどのようにすればよいか(そこまでの遷移の仕方や操作方法)を表示しています。

「料理 絵」

料理のレシピや絵画などを探しているのではなく、料理のイラスト等を探していると意図を理解してその結果を表示します

「料理 絵」に関しては実際に検索してみました。

料理サイトや料理の本当の絵は表示されずイラストばかりが表示されます。

「料理・絵」で検索した結果の画面
プロ野球 試合結果

プロ野球の試合結果などの毎日のようにあるものの場合は、できるだけ新しい情報を選択して検索結果を返してくれます。

プロ野球試合 結果で何年も前の試合結果を探す人はなかなかいないですよね。。

「プロ野球 試合結果」

例のようにGoogle のシステムは検索ボックスに打ち込まれた単語のそのものの意味だけでなく、その単語や単語の組み合わせからユーザーの意図を組み取り、最も有益と判断される情報を表示してくれます。

コンテンツ(記事)の関連性

コンテンツの検索との関連性を評価するための最も基本的なシグナルは、検索クエリと同じキーワードがコンテンツに含まれているかどうかです。

かといって、キーワードを記事の見出しに何百回も入れればよいというわけではありません。

キーワード以外で関連性の高いコンテンツ(キーワードに関する画像・動画、説明文やコメント)が記事に含まれているかどうかも評価しています。

コンテンツの質

Googleの検索の仕組みは、関連性のあるコンテンツを特定した後に、最も役立ちそうなコンテンツを優先するようになっています。

役立つコンテンツかどうかは、専門性の高さ・権威性・信頼性・コメントを含めたユーザー評価などの総合評価で判断されます。

主な材料は下記の2点と言われています。

  • コンテンツへのリンクまたは言及が他の著名なウェブサイトに含まれているか
  • 検索品質評価プロセスからのフィードバック

誰もが知っているようなサイトにリンクされるともちろん評価は高くなります。

これは「被リンク」と言われているやつだね。

よく、「ウェブ上の民主主義」とも言われている。

Googleの掲げる10の事実で取り上げられているので気になる人はチェックしよう。

Googleの掲げる10の事実【WordPress研修(無料公開)SEO編 #001 ~Googleの掲げる10の事実~】

ウェブサイトのユーザビリティ

コンテンツも大きな差がない場合には、ユーザーにとってのアクセス性が高いコンテンツが効果的です。

見ていて通信量をたくさん消費する(お金がかかる)ウェブサイトより、サクサク動いて、スマホでもPCでも見やすくてやさしいサイトがいいですよね。

例えば、検索する媒体がスマホならモバイルフレンドリーなサイトが評価され、モバイル ユーザーにとって重要なコンテンツの読み込み速度が速いほど評価されます。

モバイルフレンドリーかどうかを確認するためにはGoogle Search Consoleを使ってチェックをする必要があるね。

「ページ エクスペリエンスの観点」によると、インタラクティブ性視覚的安定性の点で優れたユーザー エクスペリエンスを提供しているサイトが良いとされます。

  • ページの読み込み開始から2.5秒以内にLCP(Largest Contentful Paint:読み込みパフォーマンスの尺度)を実現するようにします。
  • FID(First Input Delay: インタラクティブ性の尺度)を100ミリ秒未満に収めるようにします。
  • CLS(Cumulative Layout Shift:視覚的安定性の尺度)スコアを0.1未満に収めるようにします。

難しい言葉がたくさん出てきて混乱してしまうかもしれませんが、簡潔に言うと「速くて見やすいサイト」ということです。

気になる方は下記のPage Speed Insightsから自身のページの速度を確認してみましょう。

Page Speed Insightsによる評価の例

コンテキストと設定

Googleは現在地や、ユーザーの過去の検索履歴・検索設定の情報などを参考にしています。

Chromeでは検索している地域の設定などができるんだよ

ホワイトニングができるお店を探している時に「ホワイトニング お店」と検索を行うと、何も考えなくても近くのお店を表示してくれます。

また、過去に閲覧していたサイトがあれば、その履歴情報を元にそのサイトを検索結果の上位に表示したりするのがコンテクストになります。

【SEOライティング】記事を見つけてもらうための具体的な対策

検索者の「検索意図」を考える

5つの基本のうちの1つ目は「検索クエリの意味」でした。

ではその検索意図を調べる方法を解説を添えながらいくつか紹介します。

  • キーワード・ターゲットから考える

    →「自分がそのキーワードを検索するとしたら?」と、検索した背景を考えてみる
  • サジェストキーワードキーワードを入力したときに表示される候補キーワードをチェックする

    →入力したキーワードと関連度の高いものが表示される
  • 検索結果の上位10記事をチェックする

    →Googleは「検索者の疑問を解決してくれるページ」を上位に表示するので、検索者の悩みが分かる

タイトル・大見出しにキーワードを含める

5つの基本のうちの1つ目はコンテンツ(記事)の関連性でした。

キーワードをタイトル・大見出しに含めることによりウェブページがどのようなターゲット(検索意図を持つユーザー)に向けられた内容か、検索エンジンが理解しやすくなります。

具体的には…

  • 「タイトル(h1)」には必ず含める
  • 「大見出し(h2)」には不自然にならない範囲で含める
  • 「中見出し(h3)」に含める必要はない

「コンテンツの質」を意識する

5つの基本のうちの3つ目はコンテンツの質でした。

「質の高い記事」とは「読者(検索者)の悩みを解決する記事」です。

具体的には、下記の3つの要素を満たす記事が「質の高い記事」となります。

出来上がった記事は何度も読み返して、推敲しましょう。

  • 記事のターゲット(想定読者)が明確になっている
  • 検索意図を満たしている
  • 記事を書く目的を果たしている(知識の提供、自社サービスの紹介、…)

ユーザビリティを向上させる

5つの基本のうちの4つ目はウェブサイトのユーザビリティでした。

ぺージの読み込みを早くするために容量の軽い画像を使ったり、PCだけでなくスマートフォンでも見やすいモバイルフレンドリーなサイトを作ったりすることでユーザビリティの高いサイトを実現させることができます。

つまり、「速くて見やすいサイトを作ろう」ということです。

SEOライティングとは直接的に関係がないかもしれませんが、ライティングの際に同時に画像を納品する際には記事内でjpg, pngなどの画像を利用せずにwebp画像などを利用すると良いでしょう。

ユーザの個性を理解する

5つの基本のうちの4つ目はコンテキストと設定でした。

ユーザーの住んでいる場所や、過去に何を検索したか、Google検索の設定などにより検索結果が人によって変わるということでした。

今ユーザーが求めているのはどの意味なのかを考える必要があります。

どのような意図を持った人にそもそもサイトを見てもらっているのか?を意識することによって解決できそうですね。

つまり、ここでも1つ目に紹介した「検索クエリの意味」が大事になってきます。

まとめ

今回は読んでもらえる記事を書くコツについて解説しました。

記事を読んでもらうにはSEOライティングを意識して書く事が大事だとお分かりいただけたでしょうか?

おさらいすると、読んでもらえる記事を書くコツ5つは

  • 検索者の「検索意図」を考える
  • タイトル・大見出しにキーワードを含める
  • 「コンテンツの質」を意識する
  • ユーザビリティを向上させる
  • ユーザの個性を理解する

でした。

そのコツと対策を理解し「SEOライティング」の力をつけて、PV数の増加を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


4 × five =